第77回 小さくないミラーレスカメラ

今回はCP+で発表されたシグマのミラーレスカメラについて。

一部では話題のカメラになったと思います。 

一眼レフカメラ用

そのレンズを使います。今までだとリコーイメージングのK-01と言うカメラがその方式のミラーレスでした。

シグマは交換レンズメーカーですからニコンキヤノンなど複数メーカー用のレンズを作っています。

一方で、自前のマウントとしてSAマウントでこれまで一眼レフを作ってきました。

sd Quattro とは

そのSAマウントをそのまま使ったミラーレスカメラです。背面液晶と、電子ビューファインダー(EVF)で画を確認しながら撮影をすることが出来ます。

前作のdp Quattroはレンズ交換出来ない高級コンパクトカメラでしたが、バッテリーから撮像素子を離し、撮像素子の放熱を基板と並行のヒートシンクマグネシウムボディで行う独特な形のカメラでした。

それと同じように、今回もレイアウトは独自の形です。 

グリップに寄ったEVF

がっしり握れるグリップ、EVF、突き出たマウントと言うレイアウトでグリップが短くマウント側が出っ張っています。バッテリーグリップを装着するとほぼ正方形の正面シルエットになります。

フィルムカメラのレトロな形状に振れているカメラデザインのトレンドをイノベーションの一言で変えていく。

株式会社では無い、オーナー社長の企業ならではの開発姿勢だと思います。

前述のdpはコンパクトカメラでしたから熱容量もあまり大きくなく結構熱くなるカメラです。今回のsdはミラーレス=小型の図式にとらわれないカメラになっていて、発売が楽しみです。