読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第108回 大風呂敷

今回はSpaceXイーロン・マスクが発表した火星移民構想についてです。

ロケット爆発事故

先日、射場での試験中に第2段から爆発し衛星共々失ってしまったSpaceXですが、先週驚きの発表を行いました。
火星に100人。
100年以内に定住100万人。
このタイミングで発表できるのがこの会社なのだなと思いました。

火星からその先まで

今回、超大型ロケット、燃料輸送タンカー宇宙船、惑星間宇宙船の構想とCFRPの大型燃料タンクや高性能エンジンが発表されました。
低軌道に550トンあげられるロケットは言うなれば燃料充填済みのH-IIBロケットを丸のまま打ち上げようという話です。

目的は惑星間輸送

今までも火星移住をうたった募集などもありましたが、今回は商業打ち上げまで行い、輸送手段のロケット開発も急ピッチで進めている企業トップの講演です。
かつてのアポロのケネディーの宣言のように実現するのではないかという社会の雰囲気が出て物事が走り出したらひょっとしてという期待を持ってしまいます。

資金調達方法は映画の一節

まずパンツを盗む?!スライドの最初の項は映画の一節のようでここについては本気とジョークの狭間です。
人類の未来を変える取り組み。
はたして商業打ち上げを再開、加速して、さらに資金調達の目処を立てることができるでしょうか。
ライバルのAmazon ジェフ・ベソスの大型ロケット計画も発表されているので楽しみです。