第75回 重力波の直接観測

今回は先日発表された重力波の観測について。

エーテル実験

マイケルソン・モーリーの干渉実験は直角2方向に光を往復させてもし光の媒質(エーテル)があれば地球の運動分だけ差が出るはずという実験でした。
実際には差がなく、キャプテン・フューチャーのエーテル宇宙は否定されたのですが。

それを21世紀にもう一度、米国2施設、欧州、日本に建設したのです。巨大化して。それが目指すのは重力波の検出でした。

米国の2施設がアップデート

その直後の2015年9月、ブラックホール衝突の際に生じた重力波を捉えたというのが今回のニュースでした。
100年前にアインシュタインが予測した空間の歪みの波の検出です。

詳しい解説 日本のKAGRA
http://gwcenter.icrr.u-tokyo.ac.jp/plan/aboutu-gw
のサイト

重力波天文学の誕生

ガリレオの光学望遠鏡による天体観測、20世紀の電波、赤外線、X線などの電磁波の観測から別の物理現象重力の観測が始まりました。
3か所4施設の稼働により今後方向も観測できると期待されています。
方向がわかるとこれまでの電磁波による観測も可能になります。

さらに宇宙や物理の謎が解き明かされそうですね。