camdayのブログ

日々感じた中から不定期で。

第257回 成熟か黄昏か 今使う1970年代カメラ

ご無沙汰しております。

今回は、今使う1970年代カメラということで書きます。

フラッグシップが揃う頃
ニコンF一強の1960年代が終わり、ニコンはF2に、キヤノンF-1とミノルタX-1が登場しました。
使い心地を比べると勢いのニコン、頑健さのキヤノン、優しいミノルタでした。
いい状態の中古が多いのは圧倒的にF2です。数が多かったのか、買っては見たもののFを使い倒す、あるいはF3にバトンタッチすると言ったことがあったかもしれません。

重厚長大に一矢

小型一眼システムカメラオリンパスOM-1と2がそれらのフラッグシップの3悪追放を謳って登場しました。
圧倒的なシステムアクセサリーとともに登場しました。

スペック競争の1980年代を前に

モータードライブ装着をしない。
当時の販売にマイナスの評価だったとしても今の使い方では心地よい製品だったと思うのです。
今の時代に価値を見直してみてもいいのでは無いでしょうか。
耐久消費財として造られたカメラの価値はあると思いますよ。

第256回 手仕事の二週間

今回は長期休暇の間の出来事についてです。

お料理当番

普段は日曜日など限られた日にバトンタッチしていた料理を担当しています。
買い出しから食材ストック、朝夕食べていただいてお弁当を詰める。
包丁さばきは慎重さ抜けませんがなんとか和洋中とメニューに幅をもたせてやってこれたかと思います。

カメラ/レンズのレストア

簡単な清掃以外にカビ玉や絞り機構の清掃、プリズムの交換などをこなしました。
マイナスねじ時代のカメラが多くジャンク扱いとはいえ撮影に使える個体なので気をつけます。
なんとか部品欠品はせずに作業は終わりました。

作業記録は大事

一台シャッターリボンまで剥がれてしまったのは反省点です。
復元に失敗しました。

普段キーボードで文章を書くことが多いので久し振りに手先を使う2週間でした。そんな休暇の過ごし方はいかがですか?

第255回 ユニットだから?

今回は修理不能のカメラについてです。

修理代が本体価格を超える

長野の会社が各社に供給していたと言われるMF一眼レフカメラの普及機ですがユニットシャッターごと交換になりました。中古はシャッターユニット買っているようなものですね。勉強になりました。

学生御用達の機種

大手の機械式人気機種もユニットシャッターユニットが無くて修理できない。残念ながら。精度出てないこと承知で余生を過ごすことになりますね。

バラせるカメラ

バルナックライカとそのコピーはバラせるので結構直せると言われますがこれはこれで持ち込まれるカメラの状態の悪さに修理会社も疲弊しているようです。
そうこうしてるうちに傷は深くカビは進行していきます。

カメラの手入れは欠かさず使っていいコンディションを保たないとなと思うのでした。銀塩カメラは貴重です。それなりの対価と報酬を。

第222回 猫

今回は猫の話。

ニャンニャンニャン回と

人類と共に過ごして数万年でしょうか数千年でしょうか。家猫との付き合いは長いものです。
巷には猫グッズや猫番組、猫カフェなどもあふれています。

可愛さと憎さと

飼っていた鳥の命を奪ったのも猫だったりするので飼いはじめは斜に構えていたのですが子猫が育って行く過程で愛着は湧くものですね。子供のころでしたから一緒に育つ。

家族 気ままな そして

人より短い一生を終えて去っていくのです。あの子だけでいいかなと思ってしまう所以です。喧嘩もしたけど家族でした。ありがとう。

ペットみなさん飼ってましたか。

第221回 パトレイバー30周年

トロールレイバー、通称パトレイバーの誕生である。
から30年です。

メディアミックスの代表

コミック連載、映画化、テレビアニメ、小説、プラモデルとクリエイター集団で取り組むスタイルは新しいものでした。
それぞれもクリエイターで個性を出しつつ一つの世界観が構築されました。

平成駆け抜けて

1990年代まで新作がありましたが、実写映画化やショートアニメなどもあり30年です。
描かれた未来が過去になる中息の長いコンテンツになりました。

展示会開催

池袋で30周年展開催です。楽しみです。
https://patlabor.tokyo/news/