camdayのブログ

日々感じた中から週刊で。

第200回 記念

読んでいただけている皆様に感謝いたします。

記念モデル

記念といえば記念モデルで、60周年のあのプロカメラとか75周年の最期のその機械式カメラとか、今嬉しい2000年記念の復刻レンジファインダーカメラなどもありました。

その時の業績も

節目の〇〇年だから気合いの入ったモデルを発売しようというのが実現できることは幸いです。
常に顧客のいい写真を撮りたい、カメラを使いたい、カメラを買いたいに応えるものを提供してくれるメーカーはありません。

タイミングよく生まれる名機

冒頭に挙げたカメラたちは運良く市場に投入されあるものは20年販売されて、あるものは20年価格が下がらず、あるものはオリジナルと同じぐらいの1万台世に出たりしました。

これからも、心に残る名機が生まれることを願っています。