camdayのブログ

日々感じた中から週刊で。

第179回 最新の人口減少推計

今回は一番当たると評判の未来予測、日本人の人口の予測についてです。

15年ほど前に調べた時は

2050年には減少は底打ちするだろうというのが、政府白書やシンクタンクの報告書などの見込みでした。
しかし蓋を開けて見ると、下げ止まらない可能性まで2017年現在出ています。

河合雅司『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』

2003年の未来予測

2003年当時、人口減少する日本というのも想定したシナリオを書いたのですが、暗すぎると一笑に付されてしまいました。あれでもポジティブに書いた内容だったのですが。あともう少し先のことすぎて棺桶に近い偉い人には自分ごとには感じられなかったのでしょう。

バックキャスティングの将来

しかしあれから15年ほどたち想定する未来にそんな世界が確実に入ってきました。何をしても人口減少が止まらないところに来てしまったと考えて良さそうです。もちろん人を住まわすということで地域ごと外国移民に明け渡すようなことがあれば別でしょうが。

人生設計も事業計画も

無視できない人口減少国の現実にどう向き合っていくのか。
若い人の希望的な観測としては落合陽一『日本再興戦略』などもあります。
これが正解かはわかりませんが、政治、経済、社会、技術への影響と変化を予見し戦略変更をしないといけません。
知恵の絞りどころ施策実施の必要の時のようです。

オリンピックで隠れている真の課題に取り組まなければなりません。