第175回 消えた豚キムチ丼の白菜

今回は食堂で頼んだ豚キムチ丼から白菜が少ないことから、最近の葉物野菜の動向についてです。

出荷量と価格は

ベジ探というサイトが(独)農畜産業振興機構により運営されているので、そこのデータを参照します。
価格及び入荷量は農林水産省「青果物日別取扱高統計結果」によるものとのことです。

http://vegetan.alic.go.jp/kakakugurafu/youkeisai.xlsx

白菜はいかに

東京、名古屋、大阪、福岡の12月から直近で卸値で過去5年平均から倍の価格ですね。昨年通年の輸入量は前年比だと13ポイント増えてます。10月頃は輸入量も落ち着いていて産地の出荷量も安定。
で12月この時期主要産地の大分の寒さで小ぶり。しかも12月でほぼ出荷が終わっているのですね。

産地別での動向も必要

首都圏の出荷順調としても季節のズレ、産地のシフト、さらに輸入量も加味しないといけませんね。端的には市場の卸価格が指標に。

旬を見えなくする努力が価格に転嫁されているのですね。