第148回 若い写真機店

今回は今年2月にオープンしたクラシックカメラ販売、ギャラリーの三葉堂寫眞機店さんについてです。

かつてライカ修理のマスター※がいた街

日暮里の繊維街抜けた先にそのお店はあります。
店長、営業、修理の3人で開店したから三葉だそうです。
元酒屋さんの店舗を自分たちで改装し仕切り壁にレジ/修理カウンターまで備えた開放的な店構えです。

フィルムカメラ中心に

仕入れと限定修理を受けて、さらにギャラリーの貸し出しをしています。
カメラ漫画や小説家、写真家との繋がりも順調に構築し若いカメラ女性ファンも取り込んで滑り出しは順調に見えます。
日暮里駅を挟むと谷中や千駄木千駄木にはイエロージャケットさんという現像プリントのお店もあります。

メンチカツ頬張りながら

谷中銀座を抜けてく程よい散歩道。スナップ写真を撮ったら現像に預けてカフェでまったりとするか、もう一周谷中界隈をまわるか、根津を巡って戻ってくるかなど楽しみもいろいろです。地下鉄網を駆使して都内巡りをしてもいいですし都電界隈に回ってもいいですね。

東京下町散歩写真。銀塩カメラが似合います。

※フォトメンテナンスヤスダ

広告を非表示にする