読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第114回 この世界の片隅に

今回は、映画『この世界の片隅に』です。

仕草を劇場でご覧あれ

顔のアップよりも全身の仕草や細かな手の表情などが見所なのと、昭和初期の街並みを感じるには大画面で観ることをお勧めしたいです。

日常と今は遠い非日常の音

音響はパッケージ化されたらヘッドフォンでじっくり聞いて見たいです。
隣のガサゴソが気になって集中できないのは残念なので音響に凝って映画に集中してくれる観客層の映画館が吉でしょう。

あっという間の2時間

緩急織り交ぜながら日々が綴られてあっという間でした。
エピソードの並べ方、日付の意味、いろいろ思いながら主人公すずさんの日々を観た後に何か残りますか?
気になったら原作もどうぞ。

映画館で観て良かったと思わせるものがありました。