第111回 じゃがりこの味

今回はカルビーの硬いポテトスナックについてです。

じゃがりことは

パッケージにもあるように硬めの食感をサクサクというかバリバリ食べる棒状のポテトスナックです。
油で揚げて、塩を振るポテトスナックの基本に忠実とも言えますが
具材を練りこんで成形して揚げているのと後からパウダー系の味付けはしていないので調味料も練りこんでから揚げてあるようです。

定番のサラダ味

野菜の色粒が見えます。
塩と油の味です。

チーズ

チーズのかけらが見えます。
塩と油の味です。

明太

ほんのり紅色です。
塩と油の味です。

アボカドチーズ

みどり色です。
塩と油の味です。

わからない

油で練りこんだ具材の香りも飛んでいるように思えます。
微妙な味の違いも食感と弱めの香りでわかりにくいのです。

対極のプリングルス

一方、このチップス型のスナックはこれでもかというフレーバーパウダーと味の主張がされている印象です。

変わった使い方

じゃがりこの淡白なフレーバーとカロリーに比べて軽いことから山でのクッキング素材として紹介されています。
試してみる機会はまだ持てていません。

シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫) 斉藤政喜 https://www.amazon.co.jp/dp/B00OL71O4E/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_0Ssdyb9S0GVX4 @amazonJPより