読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第99回 カフェを見る

今回は少し観察のお話を。

出勤時間のカフェ

慌ただしい通勤の狭間に一杯のコーヒーやモーニングを求めて結構な数のお客さんが列を作っています。
ほぼ同じ時刻に見ているのですが列の長短に違いがあります。
オーダーミス、会計ミスでやりとりがあると明快で私の出社も遅れます。
少し注意すると店員の数や、新入りさんなどに気付きます。また、オペレーションに手間のかかるメニューの連続オーダーが入っていたりします。
急ぎたいのでオーダーを変えます。

メニュー設定

単純な値上げ、値下げもあるのですが客単価アップの工夫と思われるちょっとおしゃれなメニューの追加と、原料値上げニュース、手間がかかっているなと思っていると消滅したり。といったことがきちんと反映されて改定が行われているのが見て取れたりします。アイテムの共用と手間の削減が見て取れるのでコストカットと低価格メニュー提供の方針に切り替えたように見えます。
景気下降気味かもしれません。

席取り模様

5席カウンター隅隅真ん中で3人座れるのに隅に空きを作ると座りずらくなるのか2人しか座っていなかったりします。時に2人席が壁際に並んでいると斜向かいになるように座っている人がいると席が空いたりもします。間を空けたい、割り込み辛い心理や向かい合うのを避けたい心理が見える気がします。
最近、4人席の通路側を1人で占拠されるお客さんの周りがぽっかり空いていたり、空グラスのお客さんが勉強されたりしています。

ちょっとしたことを見ている朝のひと時です。