第93回 オリジナルの力

今回は、静岡の地下街で展示も行われたメカトロウィーゴというオリジナルロボットのお話です。

https://m-wego.com

1人のアーティストの作品から

小林和史さん
http://chubu01.wix.com/moderhythm
http://moderhythm.blog26.fc2.com/
がメカトロボットと呼ばれるロボットが生活に溶け込んだもう一つの昭和と言う設定で生み出したオリジナルロボットの2台目です。
丸くかわいい通学用ロボットという枠を超えて様々に改造されて楽しまれています。

複製販売から広がるバリエーション

最初は模型コンベンションでキャスト複製が販売されました。それが小さくなった超合金トイになり一気に流通が広がりました。さらに同サイズのプラスチックモデルが発売されると改造のしやすさから各種バリエーションが模型愛好家の方々の手から生み出されました。

小さく大きく

さらに大きなサイズや小さなサイズまで発売され手芸的な楽しみ方や旅行写真へ登場したりと楽しみ方が広がっています。当初の設定とは関係なく、作者自身の寛容さやムーブメントを盛り上げる手腕もあってイマジネーションの世界が広がっています。写真集も出版されました。

素材としての楽しさ可愛さからスケールも役割も変わって様々なバリエーションが生まれていくメカトロウィーゴの世界。ちょっと覗いてみませんか。