読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第56回 今の地球

今回は10分おきに送られてくるほぼ今の地球のお話です。

天から見る

今年運用を開始した静止気象衛星ひまわり8号はカメラの性能が大幅にアップ。
カラー撮影もでき撮影間隔も短く地球の雲の動きを細かく見ることができるようになりました。

地球を見るサイト

NICTがWebで閲覧できるサイトを公開しています。
10分おきに撮影された全球画像を見られます。
http://himawari8.nict.go.jp/

大気の動きを感じる

雲の動きからこんなにマーブル模様に空気が動いていることを知ることができます。そして地上で感じている風はそのほんの一部であることも。

太陽の存在を感じる

昼夜が地球の表面を動いていくことも見られます。
地球の自転と同期して地球の太平洋の様子を見ているので太陽の位置が変わっていきます。そして海面に反射する太陽のスポットが明るい。あまり創作で表現されていないところで新鮮でした。

お天気の繋がり

世界の天気は繋がっているんだなと感じるとともに思った以上に地表の地形や人の活動の影響も見られるんだということも感じました。

ちょっと調べてみると面白いかもしれませんね。