読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第37回 肥えるバッテリー

今回はスマートフォンなどに使われているリチウムイオンバッテリーについてです。

毎日欠かせず毎日充電

有名な果物マークのスマートフォンを使い続けて2年ちょっと。バッテリーが1日持たなくなってモバイルバッテリーによる追加充電。
充電回数はうなぎのぼり。
そんなある日。

ある日画面周囲が色ずいて

液晶は圧力がかかると色づきます。
普通は無理な力がかからないように隙間でたわむのですが中央中心に周囲が色変化していました。
画面タッチの時も色が変わります。
あ、これ余計な圧力がかかっているなということはわかります。

暗やみで何かおかしい

なんだか画面脇から光が漏れています。あれ?っと思い画面押すと浮いてます。ああついに画面の接着固定を突き剥がしてしまいました。
修理のタイミングです。

修理窓口の充実

ウェブページから入力地域名最寄りのサービス窓口がリストで出てきます。
指示に従ってバックアップと設定の変更をします。復旧のデータはクラウドとPC両方に取りPCを携行します。
今回は駅前量販店内の窓口を利用しました。夕方1時間ちょっとで状態の確認と交換機の準備と手続きが終わりました。

無償交換

充電機器の怖さを忘れて使ってますが初期のリチウムバッテリーは飛行機禁止でした。火災墜落の原因になると。
今でも今回のように膨張してしまう事例は多いようです。完全に液晶が剥がれてハマグリのように開いてしまう前に交換できてよかったです。

皆さんもバッテリーの異変や取り扱いにはおきをつけて。