第128回 CP+

今回はカメラの祭典についてです。木曜から日曜までです。写真展や中古カメラ販売会もありますのでパシフィコ横浜へ。

第127回 ダンジョン

今回は工事の続く渋谷の話ではなくて、飯の話です。魔物食とは九井諒子さん作のダンジョン飯という漫画の主題です。 兄と妹がともに所属するダンジョン=地下迷宮で妹が火龍に食べられてしまいます。消化されてしまう前に助けたい(ひええ)兄ですが、資金も…

第126回 線画に着彩

今回は絵の話です。木版風景画明治から昭和に生きた洋画家、木版画家吉田博氏の作品をNHKの日曜美術館で知る機会がありました。ゲストが中江有里さんだから録画したというのは余談ですが。去年2016年の6月に郡山で展覧会があったそうで行きたかったなと思い…

第125回 合衆国無き世界

今回は、SF的なお話を。もし、合衆国が無かったら。かつて、山下いくと『ダークウィスパー』というマンガがありました。最近では日本合衆国になったIFの物語が日本語に翻訳されました。皆さん考えてみてはいかがでしょうか。

第124回 これまでとこれから

今回はソニービルについて。ショールーム移転今は銀座の日産のビルの上階にソニーのショールーム移転しています。 長く営業していた丸ノ内線銀座駅前のソニービルは回顧展の真っ最中です。 http://www.sonybuilding.jp/sp/ginzasonypark/event/It's a Sony …

第123回 期待と結果

先日、番組で猫で人の脳活動が活性化する話をしていました。(サイエンスZERO)犬より猫撫でるだけの時、猫の方が触り心地がいいそうです。 一方、お手などに反応してくれる犬は言うことを聞いてくれる方が脳は活性化し、一方猫は言うことを聞かない方が脳が…

第122回 被写体ぶれ

今回は先日撮影させていただいた音楽会での一幕。世界最高レベルの性能ブレ補正で有名なカメラで撮影に臨みました。 最初は家族写真と演奏家の個人写真。子供達も写真を撮られることには慣れていますが大きなカメラに緊張気味です。 そして演奏開始。挨拶に…

第121回 グッズ商売

あけましておめでとうございます。三が日は過ぎてしまいましたが、本年もよろしくお願いいたします。今回は、年末年始の写真展で思ったことです。NHKの番組だけど岩合光昭の世界ねこ歩きは2012年からの放送で2017年も番組継続すると決まったそうです。某デパ…

第120回 年の瀬

お世話になりました。 来年もよろしくお願いいたします。

第119回 ちょい借り

今回は最近カメラメーカーが始めているカメラ・レンズ貸し出しについてです。試さずに買うデジカメバブル時代にはこういうユーザーもある一定の割合でいて初期購買を担っていましたが、市場規模が縮小しパイが減り影響力も落ちてきました。 口コミサイトもノ…

第118回 おなか

今回は大腸内視鏡の体験記です。 お食事中の方はごめんなさい。検査食と薬事前検診を受けて検診予約をすると自宅に段ボール箱が送られて来ました。 中には下剤とガスや泡を抑える薬、腸管洗浄剤とともに2食と間食がセットになった検査事前食が入っています。…

第117回 思い込み

今日は失敗談からです。短期記憶の取り違え複数ページに渡る資料の作成で項目を同期させているつもりが見落としていたり。話している内容がさっきと違うと指摘されたりしませんか。 思いつきで作文したり発言していると、こういうことになりがちです。 短期…

第116回 枠を外す

今回はレンズのスペックについてです。以前、依頼元の方に撮影ポジションを指定され、ならばこの画角で押さえておけば良いですかと尋ねて、どうして制限しているの?と逆に聞かれたことがありました。ハッとしました。明るさ 昨今のレンズの明るさはズームで…

第115回 11月の雪

今回は降るのかの雪の話題です。スタッドレス履かない街静岡あたりだと本当に雪が積もることが少ないようですね。富士山の方は別として暖流の影響を感じます。千葉も特段少ないです。 神奈川は箱根や丹沢など山間部は当然降ります。小田原や湘南は海に近くチ…

第114回 この世界の片隅に

今回は、映画『この世界の片隅に』です。仕草を劇場でご覧あれ顔のアップよりも全身の仕草や細かな手の表情などが見所なのと、昭和初期の街並みを感じるには大画面で観ることをお勧めしたいです。日常と今は遠い非日常の音音響はパッケージ化されたらヘッド…

第113回 じゃがりこ 再び

濃い味というかフレーバーわかるのが出ました。トマトチーズグラタン味そういう香りが確かにほのかに。 価格の高いもう一種類も出てるのでいつか食べてみようと思います。補足なのでここまで。

第112回 インフレーション

今回は最近価格が高くなってきたカメラについてです。前の機種の1.5倍性能アップしても価格帯が維持できた数年前と異なり各社値段が上がっています。何が違うのボディの素材。撮像素子の抜本改良。高速エンジンなどで価格上がる要素が多いです。小さな市場の…

第111回 じゃがりこの味

今回はカルビーの硬いポテトスナックについてです。じゃがりことはパッケージにもあるように硬めの食感をサクサクというかバリバリ食べる棒状のポテトスナックです。 油で揚げて、塩を振るポテトスナックの基本に忠実とも言えますが 具材を練りこんで成形し…

第110回 秋空に青い衝撃

首都圏でブルーインパルスの展示飛行が観られる、入間基地の入間航空祭2016が近づいて来ました。公式案内 http://www.mod.go.jp/asdf/iruma/kouhou/281011/index.html11/3 文化の日 数年間の経験では晴天率6割ぐらいでしょうか。雲のない快晴もありました。 …

第109回 季節の変わり目

今回は昨今の気温の変化についてです。真夏日から一気に晩秋先週の半ば、東京では10月としては珍しい真夏日を記録しました。 しまい損ねの半袖シャツが役立ちました。かと思えば蒸し暑く感じる雨の日もある。一転肌寒く連休が明けると一気に晩秋の気配。涼し…

第108回 大風呂敷

今回はSpaceXのイーロン・マスクが発表した火星移民構想についてです。ロケット爆発事故先日、射場での試験中に第2段から爆発し衛星共々失ってしまったSpaceXですが、先週驚きの発表を行いました。 火星に100人。 100年以内に定住100万人。 このタイミングで…

第107回 曼珠沙華

今回は曼珠沙華、彼岸花についてです。秋の彼岸に咲く田んぼの畦や街道脇に赤い花が咲く時節になりました。 彼岸花です。 巾着田が一面に植えられていて有名です。物によっては白い花もあります。見てても見えないこれらは多年草で地下の球根から花が咲き、…

第106回 フォトキナ

今回はドイツ ケルンメッセなどで2年に一度開かれる写真関連の展示会についてです。世界に冠たるドイツカメラライカ、カールツァイスなど世界の光学機器を牽引してきたメーカーの本拠地がドイツです。 ライカやコンタックスといったフィルムカメラは20世紀前…

第105回 デジカメのゴミ

今回は一眼レフのデジカメ化から撮像素子のゴミ問題についてです。黒い影白い壁をとるとぼんやり黒い影が映っています。絞り込むとくっきり黒い点やホコリが。 青空や、ポートレートなどこんなところにシミそばかすがとなります。 ゴミの原因はレンズを交換…

第104回 消えゆくネットコンテンツ

今回はニフティの初期のウェブページサービスの終了に寄せて。個人発信の場としてのウェブサイトHTLMを使って書き起こすところから始めて、やがてHTMLを生成するツールが普及しWindows95時代に作って誰にも知られていないウェブページがありますがこのまま消…

第103回 新海誠の世界

今回は実写トレースで培われたどこか見たことのある光景と美しい創造的な空や宇宙を描き、アニメーション界に存在感を示した新海誠さんの新作公開のお話しです。美しい音楽のような映像 初期作品である彼女の猫やほしのこえなどから続く背景美術の精緻さが新…

第102回 フィルムカメラノスタルジー

今回は、十数年前は普段使いしていたフィルムカメラについてです。 中古カメラもデジタル 新品カメラも扱う中古カメラ店頭に並ぶのはデジタルカメラが8割以上を占めるでしょうか。普段、お世話になっているお店もそのような状況です。 若い世代ではフィルム…

第101回 流星群

今回は、流星群についてです。流れ星見えますか?近所の方から声をかけられるくらいには皆さんペルセウス座流星群の報道には触れられているようです。 ちなみに遠征をしない私は雲間から覗く星空を見ていましたが残念ながら捉えられませんでした。細かな星屑…

第100回 シン・ゴジラ

今回は、先々週の金曜日2016/7/30に公開された映画について。公開初日予告編しか事前情報がなく感想も箝口令が引かれていました。 出足は鈍く、空席の多い映画館。 お腹が空いていたのでポップコーン上映前に食べていました。 期待と不安。観ました 黒地に…

第99回 カフェを見る

今回は少し観察のお話を。出勤時間のカフェ慌ただしい通勤の狭間に一杯のコーヒーやモーニングを求めて結構な数のお客さんが列を作っています。 ほぼ同じ時刻に見ているのですが列の長短に違いがあります。 オーダーミス、会計ミスでやりとりがあると明快で…